本来の知恵袋の利用の仕方て以上で以下でなく良ければ回答お

本来の知恵袋の利用の仕方て以上で以下でなく良ければ回答お。人間哲学の方は人間としてより善く生きるとはどういうことなのか、ということを問題にするわけで、人間にとって何が価値あるものなのかということを問題にしますから、これは「価値」の問題というふうに一言でいわれることがあります。善く生きるどういうこ言うんか 知恵袋質問サイトで、哲学カテゴリー質問ます
知恵袋の原点ての意味含め、まんまの意味の質問
本来の知恵袋の利用の仕方て、以上で以下でなく、良ければ回答お願います

人間哲学の方は人間としてより善く生きるとはどういうことなのか、ということを問題にするわけで、人間にとって何が価値あるものなのかということを問題にしますから、これは「価値」の問題というふうに一言でいわれることがあります。これに対して自然哲学は客観世界を問題にしますから「事実」の問題を対象にするといわれることがあります。いわば、事実と価値とは別々のものだというとらえ方がされてくるようになってきます。そこから自然科学の没価値性という言葉が出てきます。自然科学は事実を問題にするのであって、価値を問題とするものではないから、価値から切り離されたものとして科学しなければならないという考え方です。いわば、人間の価値観を自然科学に持ち込んではならないということになります。そこからさらに進んで、この二元論の立場は、事実の問題については真理がある、しかし、価値の問題については真理は存在しないという考え方に発展していきます。人間の生き方、つまり価値観の問題には真理は存在しない、価値観は多様にあるだけでそのどれか一つに優越性を認めることはできないという立場です。人間のどういう生き方がより善い生き方かを問うこと自体がまちがいだという考えになってくるわけです。そして、このことは、現代において非常に大きな問題を生み出しています。つまりそれは、科学の非人間性という問題です。科学が価値の問題と切り離されることによって、単に事実を事実としてを問題にするだけだということによって、非人間的な科学が生まれてきたということです。科学万能主義、科学主義というのは、核兵器や生物化学兵器などのような大量破壊の残虐な兵器を生み出してきました。最近湾岸戦争以来問題になっている劣化ウラン弾などはその最たるものではないかと思いますが、あれは通常兵器と呼ばれる核兵器なのです。それが通常兵器と同様に使用されているのですから大問題といわなければならないのであり、て、まさに人類の生存に関わる問題が科学主義の名前で横行しているわけです。地球規模での環境破壊の問題も同様に科学主義の一つの産物だということができます。ですから、現代という時代は、あらためて自然科学の没価値性そのものが問いなおされなければならない時代だということができるだろうと思います。客観世界についてよりよく知ることと、人間がより善く生きる問題とは、別個の問題ではなく、一つの問題としてとらえなおす必要があるということです。言い換えれば、一元論的な世界観ということになります。 ギリシャ時代のソクラテス、プラトン、アリストテレスが追求した道、すなわち、より善く知ることをより善く生きることに結びつける道を、現代においてもう一度たどる必要があるのではないかと思います。その点についての先駆的な役割を果たしたのがヘーゲルという人です。 以上、いろいろお話ししましたが、結論的にいいますと、より善く生きるという問題は、自分らしく生きるという個人の尊厳を、人間の人間らしく生きていくことのできる、真にあるべき社会を実現する人間の尊厳と結びつけてとらえることによって、より善く生きる道がはっきりするのではなかろうかと思います。というのも、真にあるべき国家や社会を実現するという理念は、特殊的な理念ではなくて、もっとも普遍的な理念です。しかもそれは空想的な理念、非現実的な理念ではなくて、現実性となりうる理念です。こういうもっとも普遍的で、もっとも現実的で、したがって、もっとも価値ある理念を、個人の、自分らしく生きる問題と結びつけた生き方をすることが、自分らしくより善く生きると同時に、人間らしくより善く生きることにつながっていくことになるわけです。それが人間にとっての最高に生き方だということになるということです。そういう問題提起をヘーゲルはしているのだと思います。生き甲斐を社会進歩に重ね合わせるという言葉がありますが、こうして振り返ってみると、この言葉はなかなか含蓄のある、言い得て妙の言葉ではなかろうかと思います。ということだそうです。これがよく生きる方法だと思っています幸せ悪行を悔い改め善行を積むことです。何が悪行か何を悔い改めるかを求めることが即ち善行です。それは処世術で、「哲学」は処世術とは何の関係もありません m_ _m処世術で回答しますm_ _m身の回りの人は大切にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です